どうして白髪に?白髪になる人とならない人はどこで差が出る?

白髪になる人とならない人

どうして白髪に?白髪になる人とならない人はどこで差が出る?

髪の毛に関する研究は日夜進んでおり、徐々にその変化のメカニズムが解明されつつあります。白髪に関してもそれは同様であり、かつては判明していなかったこともだんだんと明らかになってきました。
そもそも、髪の毛に黒や茶といった色が付いているのは毛髪の色素細胞がメラニンを生成し続けているからです。
しかし、この色素細胞は紫外線やストレスなどでダメージを受けると減ってしまうという性質を持っています。

年齢を重ねるにつれて色素細胞はダメージを受けやすくなってしまうので、歳をとってから白髪が増えるのはある種仕方のないこととも言えます。
ところが、実際は若くして白髪がたくさんある人もいれば、年齢を重ねてからも黒々とした髪をお持ちの方もおられます。
実は人間の毛髪にはATM遺伝子という幹細胞を監視する遺伝子があり、この遺伝子は色素細胞の働きを監視していることが分かってきました。
ATM遺伝子は色素細胞を始めとする幹細胞の減少を察知し、その数や質を維持するように働いています。この働きが活発な方は白髪になりにくいと言えます。

白髪になる人とならない人

ここに白髪になる人と白髪にならない人の違いがあります。また、遺伝もその原因の1つです。
毛髪と遺伝の関係性はまだまだ研究段階ですが、統計的には親や祖父母の毛髪の形質を受け継ぐケースが多いというデータがあります。
また、親と子供は食生活や生活習慣などが似る傾向があるので、そこから髪の毛の状態も似やすいとも言えます。

栄養不足は様々なヘアトラブルを引き起こす原因となります。そのため、家族全員の食事を見直すことも対策の1つです。
遺伝以外にも紫外線やストレスは白髪になる原因と言われています。髪の毛は頭皮の血行に強く影響を受けており、血行はストレスの状態を反映することもあります。
仕事や勉強などで強いストレスがかかった際に数ヶ月で一気に髪が白くなるというケースも起こり得ます。

ストレスが溜まると血管が萎縮してしまい、メラノサイトという黒髪を保つ成分の働きを弱めてしまいます。そのため、ストレスを溜めた時には何らかのリフレッシュを行い、ケアしておくことが大切です。
髪が白くなるとそれを抜くことによって対処する方がいますが、それはあまり好ましくありません。毛を抜くことは毛根にダメージを与える行為であるため、悪化する恐れがあります。
ある程度のところでカットすれば毛根にダメージを与えることなく、対処できるためおすすめです。

Related posts

セルフケアで白髪対策が可能?

セルフケアで白髪対策が可能?

気になる白髪は、できてしまったら染めることしかできませんよね。。。

白髪対策は日常生活から改善していこう

白髪対策は日常生活から改善していこう

白髪対策は日常生活から改善するのがとても重要で、それにより髪の毛が白くなるのを防ぐことができます。。。

髪だけではなく、鼻毛にも白髪が生える原因

髪だけではなく、鼻毛にも白髪が生える原因

髪の毛だけでなく、鼻毛にも白髪ができる原因は、主に加齢によるメラニン機能の不全によるものです。。。

白髪になる原因はたくさんあった?

白髪になる原因はたくさんあった?

白髪になる原因は多いです。銅というミネラルが不足すると髪の色素が少なくなり、結果的に白い毛髪が生えてしまう原因になります。。。