自分で白髪対策ってできる?セルフケアで簡単白髪対策方法

自分で白髪対策は可能?

自分で白髪対策ってできる?セルフケアで簡単白髪対策方法

どうしても染めたり抜いたりすることでしか対策が取れないように思われがちな白髪ですが、原因と合わせて向き合うことでセルフケアもある程度可能になります。
まず白髪は年を重ねることにより自然と増えていきますので、そういったことが原因なら素直に染めてしまった方がいい場合もあります。
しかし食生活やストレスから髪の毛の色が突然薄くなり始めることもありますので、自分の身体の調子を気に掛けるようにしていけば、自ずとそれがセルフケアに繋がります。

例えば食生活においては、添加物が多いインスタント食品を多く摂っていると血流が悪くなり、色素形成細胞であるメラノサイトの働きを阻害してしまいます。
あるいはビタミンやミネラルが不足して、栄養不足になることも良くありません。どうしても日々の生活の中で食事をする時間にバラつきは出てしまうものですが、
その上で食べるメニューや摂る栄養素に気を配ってみましょう。

血流という部分では、頭皮マッサージが有効です。入浴時であれば身体も温まっていますし、シャンプーの際に一緒に頭皮マッサージをするようにしましょう。
指の腹で軽く押し込むようにして、30秒ほど満遍なく行えば十分です。あまりにやり過ぎると今度は汚れを落とし過ぎて別の問題点も出ますから、あくまで程好くが理想でしょう。

自分で白髪対策は可能?

そしてストレスを溜めないよう、自分なりの息抜き方法を確立しておくのも大切です。趣味を見つけたり友人と過ごしたり、自分なりの方法で構いません。
精神的な部分が白髪のセルフケアになるのは割と知られてはいますが、実際その影響力を軽視している人は少なくありません。
ストレスは若白髪を招く最も大きな原因とも言われていますから、年代を問わず息抜きをするのは重要になるでしょう。

もしも自分が喫煙者なのであれば、タバコの量を減らすこともセルフケアになります。
完全に禁煙できるのが理想ですが、愛煙家の人たちにはさすがに酷でしょうから一先ず減らすのを目標に頑張りましょう。
タバコは血流を悪くしますので、前述の食生活に似たような影響をもたらします。健康のためにも、タバコを減らす努力をしてみましょう。

白髪対策には、成長ホルモンの存在も効果的です。この成長ホルモンが活発になるのは睡眠中ですから、しっかりと毎日睡眠時間を確保することもセルフケアと言えます。
可能なら平均6時間の睡眠を維持したいところではありますが、色々な事情で難しいようなら睡眠の質を上げられるよう寝室の温度や湿度にこだわるといいでしょう。
以上のようなことを心掛けておけば、しっかりとした対策が取れるようになります。

Related posts

白髪対策は日常生活から改善していこう

白髪対策は日常生活から改善していこう

白髪対策は日常生活から改善するのがとても重要で、それにより髪の毛が白くなるのを防ぐことができます。。。

白髪になる人と白髪にならない人の違い

白髪になる人と白髪にならない人の違い

年齢と共に増えていく白髪。白髪になる人、白髪にならない人がいますね。それはなぜでしょうか。。。

髪だけではなく、鼻毛にも白髪が生える原因

髪だけではなく、鼻毛にも白髪が生える原因

髪の毛だけでなく、鼻毛にも白髪ができる原因は、主に加齢によるメラニン機能の不全によるものです。。。

白髪になる原因はたくさんあった?

白髪になる原因はたくさんあった?

白髪になる原因は多いです。銅というミネラルが不足すると髪の色素が少なくなり、結果的に白い毛髪が生えてしまう原因になります。。。