色々な白髪になる原因を追究!白髪原因は様々あった?

白髪になる原因

色々な白髪になる原因を追究!白髪原因は様々あった?

白髪は、チロチシナーゼと呼ばれる物質が減ることにより現れるようになります。
このチロチシナーゼは、髪の毛を黒くするために必要なメラノサイトという色素形成細胞と密接な関係にあり、チロチシナーゼが減ればメラノサイトの働きも弱くなってしまいます。
ですから白髪が増えればチロチシナーゼの減少を真っ先に疑うべきなのですが、その減少の原因にも様々なものがありますので知っておいた方がいいでしょう。
まず代表的な原因としては、加齢によるものが挙げられます。どうしても人は年を重ねるとチロチシナーゼが減ってしまい、髪の毛を黒く維持するためのサイクルが崩れてしまいます。

ここで注意が必要なのは、加齢というのが単純な実年齢の問題ではないということです。不規則な生活や食生活の乱れにより体内年齢が老けていってしまえば、
まだ実年齢が若い間から髪の毛の色が失われてしまいます。身体の内側から若くいることを心掛けていけば、白髪になるリスクを軽減することが可能になるでしょう。
それからチロチシナーゼは、血行が悪くなることでも減少してしまいます。これは先に述べた食生活にも関わってきますが、他にはタバコも影響力の大きなものとして考えられます。

白髪になる原因

タバコは血管を収縮する作用がありますから、それにより慢性的な血行不良に陥りやすくなるわけです。
血行の良さは元気な髪の毛を作ることはもちろん、健康そのものにとって大切なことですから、喫煙者の人は気を付けておきましょう。
更に、ストレスも原因の1つとしてよく知られています。特に10代や20代から見られる若白髪は、ほとんどストレスによるものだと考えていいでしょう。

例えば学校生活や受験によるプレッシャー、職場での人間関係などから、本人が自覚している以上にストレスが溜まっていることもあります。
そうなると本来なら豊富にあるはずのチロチシナーゼが減っていってしまい、髪の毛の色も徐々に薄くなってしまいます。
これを避けるには自分に合ったストレス発散方法を見つけ出して、定期的に適度なリフレッシュを行うのが理想的です。
仮に乳幼児の頃に白髪があったら、それは体質や遺伝が原因の可能性が高いです。この場合は静観して問題ありませんし、不安になることもありません。

あるいは女性限定になりますが、初潮や妊娠の頃はチロチシナーゼが減る傾向にあります。
これも一時的に血流のバランスが崩れるためであり、時間と共に髪の毛は黒く戻りますので大丈夫です。
ただストレスが蓄積されやすい時期にもなりますので、たまに自分を甘やかすなどして肩の力を抜くようにしましょう。

Related posts

セルフケアで白髪対策が可能?

セルフケアで白髪対策が可能?

気になる白髪は、できてしまったら染めることしかできませんよね。。。

白髪対策は日常生活から改善していこう

白髪対策は日常生活から改善していこう

白髪対策は日常生活から改善するのがとても重要で、それにより髪の毛が白くなるのを防ぐことができます。。。

白髪になる人と白髪にならない人の違い

白髪になる人と白髪にならない人の違い

年齢と共に増えていく白髪。白髪になる人、白髪にならない人がいますね。それはなぜでしょうか。。。

髪だけではなく、鼻毛にも白髪が生える原因

髪だけではなく、鼻毛にも白髪が生える原因

髪の毛だけでなく、鼻毛にも白髪ができる原因は、主に加齢によるメラニン機能の不全によるものです。。。